≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
未分類の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


菜の花や 鯨もよらず 海暮ぬ

最近は「ほうれん草」にハマってます。
ソテーや、こってり系のラーメンにトッピングすると美味。

某ケンミンショーでやってた「ウニホーレン」食べてみたいです。
シンプルなので材料あればすぐ作れそうですが。

昔はよく、ほうれん草と並んで「なばな」もおひたしや炒め物にしたりしてよく食べてました・・・
ということで思い出した、今ごろ正月の話。。。

「なばなの里」

地元ですが初めて行って来ました。
近くのアウトレットなんかにはちょくちょく行ってましたが…。

(さすがに6年前の古い携帯では画質に限界がw)

120101_1728~0001

池の向こうに佇むチャペルが幻想的

120101_1748~0003

今年のテーマは「日本の四季」
写真は春ですが、紅葉に変わったり雪が降ったりと変化するイルミネーションがそれはもう綺麗でもあり、切なくもあり・・・。

120101_1734~0003

200mほどある「光のトンネル」

120101_1801~0002

帰りは「宝石箱のトンネル」


宝石と言えば・・・ようやく昇格。

ten.jpg

毎度、何のひねりも無くこの色。
なばな(菜の花)の色にちなんだ色の宝石ってことでw

次回作は色々と環境も変わるので(多分)
ライトライト詐欺の方向で・・・。


スポンサーサイト

ドラマで振り返る2011年?

助け合ったり 励まし合ったり しなくていい
金がなくても面白い あったらあったで超面白い
それが 家族なんです

考えることは だいたい一緒
それも 家族なんです

傷つけたり励まして 泣いたり笑ったり 走ったり走ったり
何人兄弟でも 一人ひとりは一人っ子
それが 親子なんです

おいしいご飯と 家族がいる それで満足なんです
つらいつらい暮らしでも 夫婦の愛がある限り
家族は 不滅なんです

助け合ったり 励まし合ったり しなくていい
おじいちゃんだから おばあちゃんだから
双子だから じゃないんです
好きだから 一緒に暮らすんです

重いものを 軽々と持ち上げる
それが 男なんです

愛されたいし 愛したい
欲張りなのが 女なんです

生きていても 死んでいても
最悪 見えなくてもいい
好きだから 一緒に暮らすんです

それが 家族なんです
それが 家族なんです



金曜ドラマ「11人もいる!」より『家族なんです』
詞:宮藤官九郎/曲:星野源


----------------------------


昨年は震災の影響もあって「家族の絆」をテーマにしたドラマが多く、「マルモのおきて」、「家政婦のミタ」、「カーネーション」など、ヒットしたのもそういったテーマ基づいたものが多かった印象でした。

昔の家族ドラマと異なって、序盤の家族と向き合えていない未熟な父、メンヘラ傾向の強かった母など、現代のわりとリアルな家庭像の中に、ミタさんのような非現実的な要素を入れることによって多くの視聴者を惹きつけたのだろうと感じました。

個人的には、ゴールデンタイムからは少し外れた時間帯に放送されていたクドカンの「11人もいる!」が昨年のドラマの中ではNo.1ヒットでした。

大家族+幽霊という、これもリアリティに非現実的要素を加えたホームコメディ。
ダメ親父役に田辺誠一、貞淑な良妻賢母役に光浦靖子、田辺誠一の前妻で幽霊となって現れた元ストリッパー役に広末涼子など、色々とおかしな設定多めながら皆ハマってました。
長男役の神木隆之介も色んな意味で新境地を開いたかとw

裕福ではないけれど、昨今よく言われている「幸福指数」は高そうな、ある意味理想な家族像。

何よりもこのドラマは、台詞の言い回しや、やり取りが面白かったです。
全9話で後半からエンディングにかけては半ば強引に話が展開されていきましたが、
botが作られるほど名言も多かったです。https://twitter.com/#!/11nin_bot

毎回ラストで今日のハイライトを歌にして弾き語っていた、星野源がいい味出してました。
毎話1コーラスずつ歌っていたのを繋げて、最終話ではメインキャスト一同で合唱してましたがw

登場人物の人為やストーリーに準え、こんな時代を反映した、クドカンからのメッセージなんでしょうなあ…。


(神木隆之介といえば、三重の某高校がモデルになったドラマ「高校生レストラン」って最後どうなったんだろう…?)


動画サイトを漁りながら観ている<昼ドラ部門>では何と言っても「さくら心中」が神でした。
神保さんが好きなので、今年から始まる「鈴子の恋」にも出られるようで嬉しいですw

あとは「花嫁のれん2」(1は少ししか見ていない)、深夜に再放送されていた「娼婦と淑女」(久我山大佐w)もすごいジェットコースタードラマで面白かったです。

昨年はやらかしてしまったけど、何だかんだで「東海テレビ」には期待してますw

チョイスが色々と偏っててスイマセンw

三冠落合 広角打法 レフトへライトへホームラン

8年間ありがとう&お疲れ様でした。

2004年 優勝
2005年 2位
2006年 優勝
2007年 2位 (日本一)
2008年 3位
2009年 2位
2010年 優勝
2011年 優勝

数字だけ見ても十分凄いんですが、特筆すべきは試合内容や采配にありました。
今年は特にこれだけ打てない中での(打率も得点も12球団最低)リーグ優勝。
試合内容は、投手戦という名の貧打線に持ち込んで1-0とか2-1というスコアが多かったような…。

圧倒的不利だと言われていた日本シリーズでも、まあよく最終戦までもつれ込んだなという、
ファンすらも煙に巻く、不思議な野球を見た気がします。

2004年の就任1年目の、挨拶代わりの(?)開幕投手に川崎憲次郎というサプライズ。
序盤から川崎は5失点と打ちこまれたものの、その試合は逆転勝利。
落合竜、このチームは何かが違うな…。
と思わざるを得なかったのが昨日のように思い出されます。

「奇襲」「オレ流采配」などと形容されがちな落合野球ですが、それを本人は
「特に何も変わったことはしていない、当たり前のことをやっているだけ・・・」
と言い放ち、平然とやってのける落合が凄いのか、はたまたそれに応えてきた選手がすごいのか。

最後の戦いを終えて「あいつらがここまで連れてきてくれた」という言葉も印象的でした。

他球団含め、また近いうちに監督復帰される日を楽しみにしておきますか。

オチシンではないけど、エピソードを言いだすとキリが無くなりそうなので最後に・・・



落合、13枚もレコード出してたのかw


00000529152.jpg


信子夫人や中村美津子とのデュエット曲とか、何曲かはテレビで歌ってるのを見たことありますが。


あとは落合といえば「ガンダム」ですねw

涼しさや 新蕎麦めぐる 真帆片帆

半年ぶりに更新。。。
携帯で日記を編集したら、文字数制限に引っ掛かった部分の一部が消えてしまうとかどやさ…。

気を取り直して・・・新蕎麦の季節がやってまいりました!

というわけで普段はうどん派ですが、旬の蕎麦を求めて北陸方面へふらっと・・・。

目の前には一面に広がる蕎麦の花
111010_1319~0001

~新蕎麦ツアーその1~

「越前そばの里(武生製麺)のふくいセット」
111010_1249~0001

定番の組み合わせですが、おろしそばとソースかつ丼をセットで食べるのは初。
越前そばは蕎麦殻も一緒に挽き込んでそば粉とするため、黒っぽくて歯ごたえがあり風味が強い。
毎日でも食べられそうな、田舎蕎麦の代表格。


~新蕎麦ツアーその2~
北陸のもう一つの蕎麦処、加賀。

山代温泉の入り口にある「加賀上杉」の幻の白いそば。
111016_1140~0001

蕎麦の実の中心部にあたる一番粉だけを使った、純白の御前そば。
今まで食べた更科系のそばの中でもかなり美味しかったです。
そば粥もついてくるのも嬉しいです。

※営業時間が11時~15時、蕎麦が無くなり次第終了ということで開店凸を試みるも、
この日はたまたま11:30開店らしいので山代温泉をしばし散策。

きちんと整備されていて且つ情緒もあって、良い所ですなあ。

「九谷焼」を見てきました。
111016_1120~0001

デスマスクのいる巨蟹宮みたい(万古焼県民の感想がこれかよ。ぐぴっ)

蟹座のデスマスクといえば、これからカニの季節がやって来ますなあ。

次回は北陸でカニ食べた~い・・・。


【QMA】

<11/8 名匠戦・黄>
参加者が今のところ今年の名匠戦の中では最多だったそうな・・・。
ライスタ使いは少ないと言っても、参加者の数には比例しないのかw

出場した形式で、数人から突っ込まれましたが、
今作も代表狙えそうな形式なんて無いから仕方あるまいw

準決勝で2位も、他の2組の惜敗率がスゴイコトニなってて御破算。

ここまで来れただけでもう十分に堪能させて頂きました。
サークルでお世話になっている方々にも軽くでしたが挨拶できて良かったです。


<11/15 LL加賀ライスタ&社会限定戦>
111016_1215~0001


結果は本命不在&フロックということで・・・。

久々にお会いした方、初めましての方、あんやとさんでした。


年末年始も近づき、QMA充はここいらで区切りを付けないといけないですが、
食欲の秋はまだ終われない・・・でしょうな。アヒャ。



当たり前のことに感謝する

改めてそのように考えさせられたここ数日間。

東北(仙台)へは2年前に行った以来で、実はこの春に、石巻から連絡船に乗り田代島(通称:猫の島)へ旅行を計画していた矢先の震災でした。

東北・関東の知人は皆無事そうで何より、あとは一刻も早い復興を願うばかりです。


<QMA>
7のまとめ・・・はいつものように省略。

宝石昇格以降は、月2,3回ぐらいのペースで登校。
店舗大会も県内の大会も秋以降参加できなかったので次回作はもう少しお邪魔出来ればと。


radikoで99のオールナイトニッポンを聞きながらの久々の更新でした。

soba

Author:soba
がるそば@セリオス

ホームは三重県北部、特に一定せず。
近畿、東海、北陸辺りの店舗を神出鬼没気味にQMAってます。

【詳細プロフィールはこちら】



presented by スピッツYoutube

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。